ホーム > デリカの仕事

デリカの仕事

生産

デリカフレンズでは、常に「安心・安全で美味しい商品」を皆様にお届けするため、一つ一つの工程細心の注意を払い、心をこめて製造を行っています。徹底した衛生管理の下、従業員一丸となって日々がんばっています。

  1. 原材料受入・保管

    担当者の厳しいチェック後、受入。
    温度、湿度を決められた数値に保ち、保管します。

  2. 下処理

    野菜や魚・肉などを工場で使えるように加工します。

    野菜魚・肉調味料
  3. 加熱調理

    蒸す、焼く、炒める、揚げるなどあらゆる調理を機械を使用して行っています。
    各調理工程は出来上がりの品質を均一に保つため、細部にわたって基準が決められており、そのマニュアルに沿って調理していきます。

    炊くフライヤー炒め焼き
  4. 炊飯

    大きな炊飯釜でふっくらとおいしく炊き上げます。

    大きな炊飯釜
  5. トッピング

    新鮮さを保つため、より効率的に且つスピーディーに行います。
    専用の清潔な作業服、使い捨ての手袋、マスクの着用を義務付けています。

    トッピングの様子
  6. 包装

    食品を微生物、水分、酸素、光などの危害から守ることを目的としています。

    包装の様子
  7. 仕分け・出荷

    出来上がった製品は店舗ごとに仕分します。
    温度管理、衛生管理を徹底し、お客様のご注文通りの製品を安全にお届けいたします。

    仕分け・出荷の様子
このページのトップへ

品質管理

常に品質の向上を追及し、お客様に「安全」で「安心」できる製品を提供します。
常に品質の追求を優先し、お客様に「安全」で「安心」できる製品を提供します。
たくさんのおいしさと安心をお届けします。
安全な商品をお届けしています。

安心にこだわるデリカフレンズ

HACCPシステムに基づいた衛生管理

解凍時、投入時、加熱時、冷却時と各工程で品温をチェック。
全ての製品を金属検出器に通して金属異物混入を防止しています。。
作業者・器具を区別するなど、殺菌前後で汚染防止の取り組みも行っています。

HACCPシステム

安全性が確認できた原材料しか使用しない

原材料のメーカーや加工場も事前にチェックしています。
前材料の生産地や栽培方法、栽培時期などが特定できることが条件。
原材料への農薬や動物用医薬品の使用については詳細な記録があること。

徹底した温度管理の下で製造(工場別、工程別の適した温度基準を設定)

原材料保管庫は種類別に区分し、各々適した温度帯で管理しています。

従業員は全員健康にも注意

定期健診や出社時チェックで異常がある人は、製造現場に入れない仕組みになっています。

製品検査で安全性を確認

製品は社内検査で安全性をチェック。微生物検査も、毎日365日実施しています。

品質管理の徹底

5S(整理・整頓・清掃・清潔・習慣)の徹底をはかり、HACCP手法に基づく品質管理を行っています。

品質管理ルールの遵守

衛生指導、原材料・製品の品質検査、原料の工程管理等をチェックを行い、品質を向上させます。

入室チェック

安心して食べていただくために、常日頃より厳しい検査をしていいます。

このページのトップへ

開発

コンビニエンスストア業界の競争がますます激化する中、 たくさんのお客様にご満足いただける商品の開発に日々取り組んでいます。

開発ミーティング

定期的に会議を開き、他社人気商品、最近話題のお店など、あらゆる情報からお客様ニーズを探ります。

試作

第三者からの評価も取り入れ、納得がいくものが出来るまで試行錯誤しながら試作を繰り返し行ないます。

開発

ラインテスト

試作品ができたら実際に製造テストを行います。
製造工程上問題があれば修正を加え、より良い商品の製造が出来るよう、条件設定などを行ないます。

ラインテストの様子
このページのトップへ